wine, food and valley life

larelax.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ワイナリー/テイスティング( 21 )


2013年 08月 19日

the good life @ Solvang

Altamaria の後は StolpmanDragonette の2件ででテイスティングしましたが、残念ながら写真がほとんどありません( ゚∀゚ ) 

Stolpmanでいただいたコーヒーの香りのする"Original Sirah"は大変印象的でした!
開けるのが楽しみです((・´∀`・))

Solvangへ移動してのんびりとコーヒー休憩した後は、もとは Au Bon Climat のテイスティングルームだった the good life でテイスティング(飲み会)続行。
e0268328_129668.jpg
ワインリストは基本的にSanta Ynez, Santa Maria, Santa Lita Hills あたりの葡萄が中心です。
Ken Brownのねっとりしたシャドネが美味しかった('v') ↓右側ですね。
e0268328_13210100.jpg
途中、AltamariaでワインをサーブされていたJimさんと偶然お会いして、友達がビールをごちそうになりました。酸味たっぷりの珍しい味わいのビールでした。
e0268328_1341712.jpg
この後ビールも飲みたくなり、サンプラーもオーダー。
e0268328_1353861.jpg
結局〆はビールな感じで終わりましたねえ。 

この日は独立記念日だったので、ちょうどタイミングよくThousand Oaksあたりでフリーウェイからとても美しく大きな花火をみることができてラッキーでした(・´∀`・)

楽しい休日となりおつきあいしてくれた友達に大感謝です。
ありがとうございました。
[PR]

by larelax | 2013-08-19 00:00 | ワイナリー/テイスティング
2013年 08月 18日

Altamaria @ Los Olivos

Los Olivos Cafe でランチの後は、Altamaria でワインテスティングを続けました。 
ここは以前 Consilience のテイスティングルームだった場所です。
e0268328_0512165.jpg
Altamariaというワインは初めて聞きましたが、葡萄栽培家のJamesさんとワインメーカーのPaulさん のお二人で2005年より始めたワイナリーのようです。
e0268328_0515968.jpg
いい色ですね。
e0268328_0522851.jpg
トレードマークの鉄クギは、葡萄畑のあるSanta Maria の農業入植者によって作成及び使用されていたものだそうです。
e0268328_0525289.jpg
実は、こちらのワインの記憶はあまりありません(・∀・)友達が買っていたと思うので結構いけてたのかな。サーブしてくれたおじさまはとても印象的だったんですけどね。

私はもうこの辺りから記憶が危うい感じだったような。。
でもこの後もまだテイスティングは続くんですね。。( ゚∀゚ )
[PR]

by larelax | 2013-08-18 00:00 | ワイナリー/テイスティング
2013年 08月 16日

Consilience @ Los Olivos

Presqu'ile の後は Consilience に入りました。
e0268328_5572493.jpg
Consilience はしばらく来ない間にロケーションが変わりルームサイズも倍以上の広さとなり立派なテイスティングルームにアップグレードされていました。でも看板わんこだったMamboちゃんは既に亡くなってまして、、なんか時の流れを感じました。

Consilienceはフレンチローヌブレンドスタイルなのですが、パートナーの弟さんが新しくイタリアやスパニッシュスタイルのTre Anelliのレーベルを作られたようで、テイスティングできる種類も倍以上に増えていました。

↓↓↓のワイン(画像よくないですが)いちごの香りです♡ 
e0268328_5583482.jpg
カラーもイチゴピンク♡
e0268328_5543626.jpg
今回はしっかりした赤を飲みたかったので、Consilienceのコースをチョイスしましたが、次回はTre Anelliを試したいと思います。

私はここでMambo Red を購入しました、でも家の中のどこにしまってしまったのか見つからない。飲んではいないと思うのだけど(o゚∀`o) 飲んだか?!いや、飲んでない だろー。。
[PR]

by larelax | 2013-08-16 00:00 | ワイナリー/テイスティング
2013年 08月 15日

Presqu'ile @ Los Olivos

July4th(独立記念日)は、ワイン会仲間と一緒に Los Olivos まで日帰り旅行に行ってきました。今回の一番の目的は Byron のワインテイスティングだったのですが、祝日のためクローズであえなく撃沈(・∀・)

気を取り直して、その並びにあった新しいテイスティングルーム Presqu'ile に入りました。
e0268328_4523589.jpg
家族経営の小さなワイナリーのようです。
e0268328_1511329.jpg
友達はSauvignon BlancとRoseが美味しいとそれらを購入していました。私はあまり印象に残ってなかったのですが、後のワイン会でいただいたSauvignon Blancはトロピカルな雰囲気満載なとても楽しいワインでした。買っておけばよかった。。(*´∀`)
e0268328_4555514.jpg
個人的には、ワインというよりも、サーブしてくれた爽やかでやさしいお兄さんと、足下に転がっているかわゆいワンコが印象的なワイナリーでした。
e0268328_522611.jpg
最近サンタマリアに立派なテイスティングルームがオープンしたようなので、次回はそちらに行ってみたいと思います。
[PR]

by larelax | 2013-08-15 00:00 | ワイナリー/テイスティング
2013年 08月 03日

Anglim Winery @ Paso Robles

旦那さんのアニバーサリー旅行の続きです。

モントレーの夜を楽しんだ翌日はPaso Roblesに立寄りました。2カ所ぐらいワイナリーに行ければいいなと思ってましたが、時間的にも体力的にもあまり余裕がなかったので今回はいくつかのBlogで評判のよい Anglim Winery でテイスティングさせてもらいました。
e0268328_55291.jpg
テイスティングルームに入ってすぐにお店の方の失礼な態度に気分を害してぶち切れそうになってしまい(以外と気が短い 笑)店を出ようと思ったのですが、全くの勘違いだったようで平謝りされまして、とりあえずテイスティングすることになりました(・∀・) 

ワインはどれも香りの余韻が長くクオリティーが高かったと思います。楽しくワインを味わっている間に大分気分も元に戻り結局4本購入しました。↓を2本ずつ♡
e0268328_584995.jpg
e0268328_5115548.jpg
場所はアムトラック駅の真ん前! これが気分を害した原因のもとだったんですが。。笑
e0268328_5142763.jpg
まあ、旅って多少トラブルがある方が味わいのあるものになると思うので(今だから言えますが)まあこれはこれで思い出になってよかったです 笑 自分の未熟さなんかも再確認しちゃったりして(・∀・)

パソ行きを予定されている方はこちらのテイスティングルームはおススメです。リストから好きなものを6種類選んで飲むことができます。白もいい感じのものばかりでしたが、ちょっとお値段が高めかも。

この後はランチに向かいました((・´∀`・))ンフッ♪
[PR]

by larelax | 2013-08-03 00:00 | ワイナリー/テイスティング
2013年 03月 15日

Seavey Vineyard @ St. Helena

旅行最後のワインテイスティングは Seavey Vineyard です。
e0268328_0293759.jpg
どんなワイナリーかというと、

1979年に 現オーナー、元法律家のWilliam & Mary Seavey夫妻が、歴史的建造物の石造りのワイナリーと南向き斜面のヒルサイド・ヴィンヤードを購入しました。 実績を重ねて品質を向上させると、1990年に自らのボトルを初の元詰めし、そのデビュー作でいきなり【PR95点】を獲得し、その翌年91年にはなんと【RP97点】を獲得。このたった2本で不動の地位を築き上げました。

以降は他への果実出荷を止めてその全てを自らのエステート・ワイン造りのために使用しています。また、他からも葡萄を購入しないで、自分たちの畑から採れた葡萄だけで造っています。1995年に当時はまだ無名であったPhilippe Melka氏をワインメーカーとして招聘。その後は一貫してMelka氏にワイン造りの全てを託します。今は多くの100点ワインを請け負うMelka氏ですが、 Seavey での修行があってこそ今の彼があるといえそうです。

1993年から最新2009年ヴィンテージまで連続でRP90点オーバー(2009 Cabernet Sauvignonは96ですね)2~3倍価格のカルト・ナパに匹敵する評価を誇る、同価格帯最強、かつ同価格帯最入手難なナパ・カバルネの1つとして知られています。

現在のワインメーカーは、Jim Duane氏、Philippe Melka氏はコンサルタントとして活躍しています。

午後3時のアポに私たちを暖かく向かい入れてくださったのは、Seavey夫妻の娘さんであるDorieさんです。2009年のMeroltをいただきながら(うまいっ)ツアー開始です。
e0268328_0304598.jpg
Seavey家の葡萄畑、南向き斜面で、19のロットに別れているようです。それぞれのロットでできる葡萄をブレンドしながらワインをつくっていくんですね〜
e0268328_0314289.jpg
ステンレス発酵樽、こちらでは葡萄は砕いていないようです。
e0268328_0322415.jpg
最も大事なCave,2011 &2012年の瓶詰め前の葡萄が眠っています。
e0268328_0332186.jpg
シャドネはたったこれだけ、年間200ケースのみですって。
e0268328_0335799.jpg
石造りワイナリーの内側。窓を追加しただけでほとんど購入当時のまま残しています。
e0268328_034487.jpg
ツアーの後は、セカンドレベルの Caravina Cabernet Sauvignon 2009, Caravina Cabernet Sauvignon 2007, Seavey Cabernet Sauvignon 2009 の3本を飲み比べました。ちなみにセカンドレベルにはまだ若い葡萄の木からとれたものを使用しているようです。酔っぱらいだったけど2009のSeabey Cabが美味しかったのは覚えてる。友達はMerlotを気に入って購入してました。
e0268328_0361118.jpg
ワインは美味いし、Dorieさんは優しいしでお話が弾み、「好きなだけ飲んでいって〜」と夢みたいなお言葉をいただいたけど、、嫌われる前に退散いたしました。

お世話になったDorieさん。
e0268328_042285.jpg
会員用のSpring Shipment分のワインを車に詰め込み持ち帰ってきました〜 2011 Chardonnayがあるのでとても楽しみ。

この後はお買い物、そして夕ご飯です。
つづく・・・
[PR]

by larelax | 2013-03-15 00:00 | ワイナリー/テイスティング
2013年 03月 14日

Frog's Leap Winery @ Rutherford

Ad Hoc でサンデーブランチの後は白がとても美味しいワイナリー Frog's Leap Winery へ向かいました。
e0268328_647156.jpg
こちらはどんなワイナリーかといいますと、、

スタッグス・リープ・ワインセラーズ(1976パリテイスティングの覇者)の第一号スタッフのJohn Williams(音楽家のJohn Williamsとは別人) が、1981年、女流カルトワインメーカー筆頭のヘレン・ターリー女史を姉にもつラリー・ターリー氏と共同でフロッグス・リープを設立。(かつて蛙の養殖場でだったからフロッグみたい)

1994年、ラリーは、ターリー・セラーズを設立して、“フロッグス・リープ”の名はジョンが引き継ぎ、拠点をセントヘレナからラザフォードへと移します。

益虫や害虫を食する野鳥、土地を肥やす植物等が混在する「バイオ・ディヴァーシティ(生物的多様性)」が必要であると考え、そして畑内に野菜を植え育てるなど、それら効用の研究を続け、今日のオーガニックワイン造りへと発展するに至りました。 

徹底した有機栽培に加え、更には、培養酵母に頼ることなく土着野生酵母による自発的発酵に委ねるなど、ジョンのワイン造りはボトル詰めに至るまでの随所に、極自然な手法が貫かれています。

ちなみに、レーベルの蛙デザインですが、無名のデザイナーだったチャーチル ハウスにわずか200ドルとワイン2ケースの報酬で依頼したところ、これがナショナル グラフィック デザイン賞を受賞、スミソニアン博物館に永久保存される事になったみたいです。
e0268328_7305712.jpg
パターンがこんなにあったのね、かわいい。

なんだか通常のフルテイスティングの方はウェイティングだったため、離れのレッドルームというカジュアルなテイスティングルームへ向かいました。建物が赤いからね。。
e0268328_6491162.jpg
テイスティングルームは2階、ほんとにカジュアル。
e0268328_6505812.jpg
テイスティングメニュー
e0268328_6524855.jpg
e0268328_6551479.jpg
実はいつも白いのばっかりでこちらの赤を飲むのは初めて
e0268328_7174511.jpg
赤もいけてます、どれも大きい!リブアイ食べたい!

へへ、実はここで友達がドライブのお礼に2009年のRutherfordをプレゼントしてくれました!スーパー嬉しいヾ(〃^∇^)ノわぁい♪ありがとうございます!
e0268328_7425368.jpg
さて、この後は最後のアポへと向かいました。
つづく・・・
[PR]

by larelax | 2013-03-14 00:00 | ワイナリー/テイスティング
2013年 03月 11日

Domaine Carneros @ Napa

ナパ2日目、一発目のテイスティングは10時オープンの Domaine Carneros です。
e0268328_114346100.jpg
ふふ、丘の上に立っていてシャトーっていうよりもお城な感じ?

どんなワイナリーかといいますと、、

ランスの国の公式行事、晩餐会などに採用されている、超名門シャンパーニュ、TAITTINGER(ティタンジェ)が1987年にアメリカに進出してカリフォルニアでドメーヌ・カーネロスを立ち上げてスパークリングワインを造っています。

2006年にはワインスペクテイター誌の「全米スパークリングワイン特集」で、一位、二位を独占するという快挙を成し遂げて、なかなか市場に出てこない希少価値高いスパークリングワインのようです。

そういわれれば、たまにスーパーとかで白いのはみるけどロゼはみたことない。ということで期待大。この日はすっごくいい天気で日差しが強かったので室内でテイスティングさせてもらいました。

テイスティングメニュー、3種類試せて$20だったかな。
e0268328_1146098.jpg
左側のが一般に出回ってる辛いので、真ん中のロゼと右の甘めのは普通に買えないっぽい。
e0268328_11472697.jpg
特に驚きはないけど、美味しい(⌒-⌒) ナパのスパークリングといえば他に、ドメインシャンドン、マム、シュラムズバーグ などがあるけど、やっぱり私はシュラムズバーグが好きだな。

私たち10時に着いたのに外のテーブルはあっという間に満席、日本人旅行客の方達もツアーで参加されてました。
e0268328_1150515.jpg
e0268328_7195047.jpg
眺めもよくて
e0268328_11531526.jpg
のんびりするには
最高\(o⌒∇⌒o)/

この後はランチに向かいました。
つづく・・・
[PR]

by larelax | 2013-03-11 00:00 | ワイナリー/テイスティング
2013年 03月 09日

Robert Craig Winery Tasting Salon @ Napa

カリフォルニアワイン王さん のポストを読んで絶対行こうと決めていたのが Robert Craig Winery です。
e0268328_6471758.jpg
アドレスに到着してみると、とても地味なオフィスエリアのような一角にサロンはありました。担当してくれたのは気さくなJeffという若いお兄さん。サロンの中も飾り気なく超シンプル、バーカウンターがなければオフィスです。
e0268328_6515390.jpg
テイスティングしたのは、
2010 Durell Viynyard Charronnay
2011 Lafleur Rose
2010 Mt. George Cuvee
e0268328_11303013.jpg
2010 Howell Mtn Zifandel
e0268328_11284152.jpg
2009 Affinity
e0268328_11271978.jpg

アフィニティが気に入ったので二人で購入、あとはすっごく胡椒っぽかったジッファンデルと脂ぎったお肉とぴったしなCuveeも。 ロゼを買い忘れてしまったので(酔っぱらい。。)後からメールオーダーしてワイン会に間に合わせました。

3時のアポってところが体力的にちょっときつかったなあ(ノω・、) ウゥ・・・ 

この後はホテルにチェックインして爆睡o( _ _ )o...zzzzzZZしてしまい、、
つづく・・・
[PR]

by larelax | 2013-03-09 00:00 | ワイナリー/テイスティング
2013年 03月 05日

Trefethen Vineyards & Winery @ Napa

Darioush Winery の王子様風おじさまのお薦めで向かったワイナリーは Trefethen Vineyards & Winery です。
e0268328_5462650.jpg
沢山のお客さんで賑わっててサーブ担当の方たちはてんてこ舞いな感じがしました。テイスティングルームは重厚で落ち着いた感じで、年配の方が多かったかな。
e0268328_5491013.jpg
e0268328_551318.jpg
テイスティングしたワインはどれもよかったのですが、既に予想以上に散財してたので、ここでの購入は一旦見送り。 

ちなみに、こちらはどんなワイナリーかというと、、

Eugene&Catherine Trefethen夫妻が、ナパ最古参ワイナリーの1つと呼ばれる 『Trefethen』を1968年に購入。葡萄樹の植え替えを始め、当初はは葡萄園としての営業を予定していたそうですが、ワイナリー設立のブームが訪れ、息子のJohnが元詰めワイン造りを父に促し、専業グロウワーの予定をエステート・ワイナリーへと方向転換。

1975年にトレフェセンとして初リリース、セカンド・ヴィンテージの1976年産が、1979年にパリで開催されたゴー・ミヨー・ワイン・オリンピックにてフランス・ワインを押しのけ、世界最高のシャルドネとして【Best Chardonnay in the World】を受賞。 

サステイナブル・ヴィティカルチャー(減農薬農法で育てられるもの)を始めとする自然なワイン造りを実践し、1988年にはデメター認証をも受け、今日では「ナパで最も古く、ナパで最も人に優しいワイナリー」と呼ばれ、この地を代表する不動のプレミアム・ワイナリーとして人気を博しているようです。

さて、この後はランチですo(●´ω`●)oわくわく
つづく・・・
[PR]

by larelax | 2013-03-05 00:00 | ワイナリー/テイスティング